モバイル用グローバルナビ--> 【保育士が語る】プログラミングおもちゃの効果がないと思う理由 ☆ こどものえがお

【保育士が語る】プログラミングおもちゃの効果がないと思う理由

pc

保育の場にプログラミング教育はいらない!

プログラミング教育って最近はやっていますよね。
2020年小学校で必修化になりました。どうしてでしょう?
コロナでデジタル化が加速し、保育の研修でもzoomが増えていますよね。
世の中はデジタル化が加速しています。
未だにパソコンが苦手な保育士が多い業界だと思いますが、
世の中の流れには逆らえません。

この流れに子どもたちがついていけるようにと
国がプログラミング教育を推奨しました。
将来、子どもたちが困らないようにですね。
これは、いいと思います。

問題は、プログラミング教育は保育の場でも必要なのか?
プログラミングのおもちゃが売られているが本当に効果があるのか?

保育の現場を知り、
中学でパソコン部に入っており、
現在ブログで多少HTMLが分かる私から言わせてもらえば
幼児期のプログラミング教育は必要ないし、効果ないです!

なぜなら、プログラミング的思考の芽は幼児期で言うと
年長ぐらいでやっと理解し始めるレベルだからです。
とにかく、早すぎるってことです。

世の中がプログラミングやデジタル化などと言っていて不安だった方々
ほっと胸をなでおろしていますよね。
「よかった。保育ではプログラムとかデジタルとかいらないのね~。」

それは、ちょっと待ってください!
保育にもデジタル化は必要ですよ。
もっと効率化できることあります。まぁ、この話はまた今度にして…。

今言っているのは、プログラミング教育うんぬんよりも、
そのプログラミング教育ってそもそも何が学べるのか、
どんな力を伸ばしたいと思っているのか、ってところです。
興味ありませんか?

それでは、プログラミングの本質をお伝えしています。

プログラミング教育の本質

monka
引用:文部科学省より小学校プログラミング教育の概要

ほら、小学生でも「気付き」が重要なレベルなんですよ。
幼児期にプログラミング教育は早すぎることが分かりますよね。

そもそも、プログラミング教育の本質とは、
①論理的思考で考える
要するに、順番に考えていく力
②問題解決能力を育む
要するに、何か困ったことが出てきたとき、あなたはどうするか?がわかり動けること。
③創造力を発揮する
要するに、作りたいものを作っていく力です。ここには助けや支える人が必要です。

では、プログラミング教育で目指すべき能力って
保育園では伸ばせないのか?というと、そうではありません。

それは、次の記事で解説します。

本当に保育園でやるべきこと

①論理的思考
②問題解決能力
③創造力を発揮する

この3つは、普段の保育でも遊びの中で体験していると思いませんか?
保育園でやるべきことは同じなのです。

子どもが将来必要な力を身につけられるように
遊びを通して学ぶ場を作っていくのです。
それが、本当に保育園でやるべきことです!

①~③について、保育園的にどう子どもたちに接しているか確認しましょう。

①.保育園的、論理的思考の基礎

論理的思考というと、ちょっと難しく感じますが、
要するに、物事の順番を考えていく力ですね。
子どもたちの遊びを見ていると、試行錯誤しながら見つけています。

例えば、パズルをやっている姿を見て下さい。
絵柄やピースの形を覚えてしまってあっという間に完成させる子もいますが、
周りの枠からゆっくり順番にはめていく子もいます。
これは、周りの枠から順番にはめていっている子の方が論理的思考の芽がでています。

なぜかというと、あっという間に完成させた子は記憶力を頼りにやっていますが、
周りの枠からスタートしている子は、手順にしたがってやっているからです。
つまり、記憶や感覚よりも自分の頭で論理的に(順序良く)考える力がついていくのです。

子どもをそのままにしていたら、記憶力だけを頼りにパズルをしていた子は
ピース数が多くなり、難しい絵柄のパズルを目の前にした時、途方にくれます。
しかし、端から順にやっていける子は、よく観察して端のピースを見つけ出し、
順序良く根気よく取り組み完成させることが出来るでしょう。

論理的思考という視点から子どもを観察してみると、
根気よくやっている子の良さが見えてくると思います。
実際の保育では、時間の制約があり、「早くパズル終わってほしいな…」なんて
思っているのが保育士の本音かもしれませんね。

では、次は問題解決能力の基礎についてです。

②.保育園的、問題解決能力の基礎

問題解決能力というと、1+1=2ってこと?なんて思う方はいませんよね。
そうです、ケンカやトラブルがあった時に、
何が原因でどうすればよかったのか振り返れる力です。
そこには感情のコントロールの力や、物事を俯瞰してみる力が必要です。

子どもたちのケンカの場面で、当事者たちは感情的になっていても
「先生!○○くんと■■くんがケンカしてるよ。
あのね、鬼ごっこしてたら○○くんがタッチしたのに■■くんが怒って逃げたの。」なんて
教えてくれる別の子がいたりしますよね。
こういう、俯瞰的に冷静に見る力って大事だなって思います。

感情のコントロールは幼児期はまだ未熟なため、
お互いの思いを代弁して伝えてあげて、納得できるようにしたり
成長を待ったりと時間がかかるものです。
そこを、支えてあげて子どもの普段の落ち着きを
取り戻せるように支えていくのが保育士の役割です。

では、次は創造力の発揮の所です。

③.保育園的、創造力の発揮(仲間と協力する力)

なぜ、プログラミング教育が創造力の発揮なのかというと、
プログラミングとは、自分の作りたいものをパソコンに
自動で再現できるように指令を出すことです。
前提として「自分の作りたいもの」があるのが必要だから、
創造力と言っているのです。

ただ、世の中の仕事を見ていると、
プログラマーは指示の通りにコードを入力しているだけで
実際、創造の部分は別の人が考えている場合も多いです。

プログラミングに興味を持っている保育士さんや親御さんは
将来的にその仕事は、たんなる下請けになりかねないという事を知っておくと
子どもの将来の選択の幅を広げ、違う道を教えてあげられますよ。

話はそれましたが、保育園的に創造力の発揮をしていくには、
友だちの力をかりながら、みんなで1つのものを作り上げていく体験が重要です。
創造力とは自分の中だけにありません。自然や友だちの発想など、みんなのいい所を
より合わせて作り上げていくものなのです。
だから、友だちと一緒に製作にしても、踊りにしても、劇にしても
何か作り上げていく体験がとても大切なのです。
保育園で体験させてあげたい創造力の力です。

最後に、プログラミングという言葉について付け加えておきましょう。

プログラミングという言葉に踊らされない!

おそらく、あなたがここまで読んで下さっているのは
プログラミングということに興味がとてもあるし、
本当はやらせてあげたいな、と思っているのではないでしょうか。

そう思っているのなら、プログラミングに触れる機会を持つことはいいと思います。
ただ、やみくもに不安になるのは、プログラミングという言葉に踊らされて
自分がいろいろ知らないだけなのです。
そもそもプログラミング教育って何するの?って知ったいたら
保育士として、母としてこれから何を選択していくのか自信が持てると思います。

日本はプログラミング教育がまだまだ始まったばかりなので
正直迷走していると思います。
大人向けの副業情報にもプログラミングの言葉があふれています。
興味がある人はやればいいし、興味がなければ違う場で活躍すればいいのです。
ただ、幼児教育には必要ないというだけです。

さいごに

将来必要な力はきちんと適切な時期に学べます。
デジタルの時代はもうきているから、知っておくのは損じゃないです。
子どもにプログラミングなど新しいものを伝える時は、
ルールをきちんと作ることが大切です。

私自身は、興味があるから調べています。
小学3年になった息子は興味があり面白い題材みたいです。
しかし、小学1年生の息子は興味がなく、「勉強みたい…」とつぶやきました。
何事も始めるには時期があります。

プログラミングおもちゃは大人が思っているほど効果はでません。
でも、興味をもつきっかけにはなると思います。
そして、保育現場では必要ないかなと感じました。

期間限定無料プレゼント★すぐに使える!造形遊びのヒント集

下記のメリットを受け取ることが出来ます

  • すぐに使える!造形遊びのヒント集
  • 子どもの興味がみえる
  • どういう活動がいいのかわかる
  • あそびのレパートリーが増える
  • 我が子と遊ぶのにも困らない
  • 作ることが楽しくなる
  • 保育の仕事に自信がつく

興味のある人は、下記のボタンからメールアドレスをお知らせくださいね。あなたにプレゼントをお届けします♪

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク